最後の白鳥

さくらちゃんがいなくなったらイマイ母より父のメンタルのがヤヴァイかもしれん。
「さくらよりかわいいねこはおらん」ってそんなこと言うタイプじゃなかったのに。
イマイ母には折に触れていつかはみんな死ぬから、15歳すぎたらあとはオマケって
話をしてるんだけど、たぶんその話は男衆には伝わってないと思う…。

先週、またさくらちゃんがもう何日も食べてなくてヤヴァイと連絡があったけど、
復活しています。このくらいになると体力体重を維持する分だけ食べるので、食べ
ないとその分減るね。んでもぱるちゃんも1日2日なら食べない時結構あったなー。
もともと食べることに執着しない子は省エネ仕様の体質なのか食べなくても意外と
大丈夫なのかも。ふーちゃんはお亡くなりになる日の朝までちゅ〜る食べてたな。

ワタシは犬と子供と年寄りが苦手(と言うか嫌い)だけどそれを公言すると虫を見る
ような目で見られるので、自分からそれらに関わらないようにすることで世間の迫害
から逃れてるところがあるわけですよ。なのに、何で奴らは…望んでなのか望まない
でかは知らんけど…こっちの領域に踏み込んでくるのよ?そりゃ全力で追い出すわ。
それをこっちがクソみたいに言われるのは心外。ワタシは1人でひっそりと生きて
いるからほっといてよ…つらい…。

キエフの白鳥、ここ何年かはフィリピエワを見るのは最後かもと思いながら見てきた
けど、とうとう最後が来てしまった。オペグラでしっかり見ました。本当に長いこと
素晴らしい白鳥を見せてくれてありがとうと言う気持ちしかない。去年は怪我で3幕
だけシャイターノワになって、それ以外も省エネだったけど、今年は色々と絞り出す
ような白鳥だった。3幕のフェッテがピケターン2周に変わってて、色々と納得した。
マーシャのドンキの時もそうだったけど超高速ピケターン、それも2周ってのは十分
すごいんだけど、やっぱりここは、ね。今できるのはこれ、とごまかすことのない
フィリピエワの誠実さが全体にあふれた良い舞台だった。周りも熱演だったなー。

だからってフェッテが32回できない(やらない)主役を認めたわけじゃないからな。
某ドイツバレエ団、聞いてるかー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。